2007年07月20日

中央省庁でもっとも残業時間が長いのは…

久しぶりの更新です。

昨日、『中央省庁でもっとも残業時間が長いのは−厚生労働省』の報道がなされました。
厚生労働省の外局である社会保険庁が叩きに叩かれて“不振の塊”と化しています。
社会保険庁を企業とみなせば、とっくの昔に倒産の憂き目にあっているはずなのに・・・ やれやれってとこです。

今日はその親分の話。

興味があれば続きはこちらへ
posted by カエル at 10:30| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

改正雇用保険法成立

今日は短いです。

役人のミスで成立が遅れていた雇用保険法。成立した模様です。

予定通りというかやっぱりというか、保険料率の引き下げは1日にさかのぼります。

納付期限は通常5/20ですが、成立の遅れにより6月中旬になるようです。
posted by カエル at 08:20| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ブラザーのラベルライター発明対価

『テープに文字を簡単に印刷できる電子式ラベルライターの技術を開発したブラザー工業の社員と元社員の2人が、発明対価として同社に計4億円の支払いを求めた訴訟の判決が東京地裁であった。裁判長は「発明者の貢献度は5―7%」として、同社に計約3700万円を支払うよう命じた。
判決によると、ラベルライターの原型となる「転写用簡易レタリングテープ作製器」などを発明。社内で表彰を受けて一定額の報奨を得たが、同裁判長は「発明による好待遇を十分に受けたとは認められない」と指摘した。』

争点云々は別にして、皆さんの会社で同様のことが起きたら、どう対応すれば良いのでしょうか。

先ず、賃金から考えてみましょう。


興味があれば続きはこちらへ⇒⇒
posted by カエル at 12:05| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道から考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。