2006年06月18日

ちょっとご意見を

日銀の福井総裁が叩かれています。

皆さんご存知の『村上ファンドに1000万を預けた』ということで。

私はFPでもありませんし、経済・政治学者でもありません。一介の町医者ならぬ町社労士です。

でも、色々な報道や資料から「この人は大した人バイ」と思っていました。でも叩かれています。

金融の世界は詳しくは知りませんが、福井氏はアメリカのグリーンスパン氏と並んでG8の中核中の中核。タッグを組んでたと言っても過言じゃない。

そのグリーンスパン氏がFRB議長を退任してからは、「世界を救えるのは福井氏の手の中にある」とまで言われたほど。

そういうことをちょっとは知っていたので、「そんなに叩くなよ・・」というのが私の気持ちです。

国会に呼び出して、どれだけ儲けたのか資料を出せだの(今すぐ分からんって)、罪の意識はないのかだの(当時の村上さんは言ってるあなたも知らないでしょ)、聞いてどうなる? という類のものばかり。

確かに、日銀総裁に対する規制の甘さも(資産の情報開示や株式保有の規制など)あったとは思います。

でも、福井氏を辞任に追い込んだら、日本どころか世界の未来が危うい。
それを分かっての質問なんでしょうか。

ヘラヘラと左団扇で過ごしている人は、好きになれない気持ちは分かりますが、かといって「汗水流さずに儲かった奴はとにかく気に入らない」という風潮に疑問です。
posted by カエル at 21:06| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

やっぱり高い? 退職金

狙っていたわけではありませんが、タイミングよく“今日”になりました。
ホントは狙ってたりして・・・

今日は趣向をかえて、新聞記事の話題を少々。あんまり面白くありませんよ。

『国会の衆議院・参議院の事務総長の退職金って、約9,400万(35年以上勤務)』だそうです。

衆参の事務総長は、年収2,979万円・退職金9,405万円
省庁の事務次官は、年収2,436万円・退職金7,689万円

“格段に高い”と報道されていましたが、私に言わせればどっちもどっち。

「大した仕事もしてないくせに、こんなにもらっているなんて・・・しかも税金。許せない!」
テレビや新聞はこんな調子で批判していました。
続きを読む
posted by カエル at 00:07| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

世間はGW

5月になりました。

今年は曜日に恵まれて、9連休の人たちもいらっしゃることでしょう。海外旅行をする人が過去最高の人数だとか。

うらやましい限りです。

海外旅行といえば、皆さんはどれぐらいの経験があるのでしょうか?

ハワイは5回、グアムに3回、ヨーロッパ2回などという、私にとってはツワモノの人もいらっしゃるでしょうね。

お恥ずかしい話、私は新婚旅行でハワイに行ったっきりです。
あとにも先にもこれっきり。

おっと、先のことはわかりませんね。

いつかは「海外旅行したからお金使っちゃったよ。200万ポッチだけどね。」なんてことがサラリと言いたいなぁ〜、と夢のようなことを・・・

先はまだまだ長いです。トホホ
posted by カエル at 06:25| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

おめでとうJAPAN!

いやぁ〜興奮しました。

先日の韓国戦といい、今日のキューバ戦といい、いい試合でした。
仕事もあったのですが、「今は野球」と切り替えて観てました。

トリノ五輪の荒川選手にも感動しましたが、今回の日本の優勝にも胸が熱くなる思いです。

あの緊張の中で、ヒットを打つ・ストライクを投げる、そして、累に出る・点を取る・アウトを取る。集中してその一つ一つを確実にこなすその姿に、元気とパワーをもらいました。

次の大きなスポーツイベントは6月のサッカー。テレビを見ていた? サッカー選手も、「次は俺達の番だぜ!」と燃えたはず。

燃えてください。そしてまた私にパワーを下さい。って人任せばっかりじゃいけないんですけどね。でも、もらえるものはもらいます。

選手の皆さんお疲れ様でした、そしてありがとう!
posted by カエル at 15:33| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

少子化を考えて

花粉症で苦しんでいます。風邪かも知れません。どっちか分からないほど首から上が変です。
皆さんは如何でしょう。体調には気をつけないと・・・

各企業では、従業員の妊娠・出産・育児に対する取り組んでいます。でもほとんど大手だけの話。
某自動車メーカーでは、妊娠が分かれば即座に産前休暇を認めたり、子供が小学校3年生になるまで勤務時間を短縮できる制度を導入しています。
いずれも法の制限を超える措置であり、従業員にとってはありがたい制度ですね。

このことは、「いずれ来るであろう人材不足に対抗するため」と言われており、先手を打った形で『我が社は働きやすい環境を整えています』と宣伝しているようなものと見ています。
それはそれで、結構なことだと思います。

その反面、小児科医の数は激減しているそうです。臨床研修を終えて大学病院等に勤務する医師のうち、小児科を志望する医師は3年前の55%に激減するそうです。

『子供が減る=市場規模が狭くなる=儲からない=やめとこう』という発想からすれば、需要と供給のバランスから見れば妥当かもしれません。でも、今でさえ小児科医は不足していると言われています。

医師の取り分である診療報酬の引き下げの影響もあり、割に合わない分野のなり手が減る。なんか、国の政策は変だと感じています。

もっと早く手を打っていればいいものを・・・
posted by カエル at 11:32| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。