2007年04月16日

国立大交付金に成果主義

『財務省は国立大学向けの補助金の一つである運営費交付金について、配分方法を見直す方向で検討に入った。学生の定員や教員数などに応じて割り振る仕組みを改め、事実上の成果主義を導入。「研究」や「教育」で成果の報告を求め、実績を上げた大学には交付金を多めに配る。大学間の競争を通じて知力の向上を促し、日本の成長力を高める狙い。 』

国立大学にも“成果”を求める気運になってきました。
確かに、交付金を学生の定員や教員数に応じて割り振る仕組みでは納得性は得られにくいでしょうが、果たして運用できるのでしょうか。


先ず、“目指すべきところはどこか”というビジョンが必要になります。報道では『日本の成長力を高める』ことをビジョンに掲げていますね。これはOKとして、次に“成果とは何ぞや=何をもって成果とするのか”という定義付けが必要となります。

『日本の成長力を高めた』という成果は今すぐには見えない。ということは、『実績を上げた』という判断基準をどこに置くか。その判断基準を『成果の報告』で見出そうとしています。一般に、数字が如事実に表れる職種では判断基準を作りやすいのですが、数字で表しにくい職種も基準を設けなければならないところに難しさがあります。

例えば、内勤が外勤のサポート部隊であれば、内勤の成果は何でしょう? 色々な視点が考えられますが、何を持って成果とするかはそこそこの会社で異なるのです。マニュアルは使えません。文系と理系では、当然に基準が違うはずです。

また、実際に成果を上げる場合は、以下のことが考えられます。

例えば、交付金を賃金、大学そのものを社員と考えるならば、賃金を獲得するために一生懸命実績を上げようと努力します。そして、評価の場面で賃金が決まる。すると、報道された内容だけの条件で言えばライバルは他の国立大学となります。社員間の競争を否定するものでありませんが、真のライバルはそこではなく他にあるはず。

そことの戦いは見ていないような感じがします。見なくても良いのかも知れませんが、社員間は競争ではなく、協力と考えています。敵は外だと言うことです。

皆さんの会社では如何でしょうか。

ビジョン道しるべです。そこに向うには、社員が成長しなければなりません。その過程のポイントポイントで評価をして、「ここまでのことが出来るようになりましたね。」と認め、次のステップ(目標)への糧となる評価であるべきと考えています。

大学の職員や教授達は大変だろうなぁ〜。何しろ未経験のことですから。

人事制度でお困りの方はこちらへどうぞ
 ⇒ http://sr-yamashita.com/jinji.aspx
posted by カエル at 11:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道から考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。