2007年04月20日

改正雇用保険法成立

今日は短いです。

役人のミスで成立が遅れていた雇用保険法。成立した模様です。

予定通りというかやっぱりというか、保険料率の引き下げは1日にさかのぼります。

納付期限は通常5/20ですが、成立の遅れにより6月中旬になるようです。
posted by カエル at 08:20| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ブラザーのラベルライター発明対価

『テープに文字を簡単に印刷できる電子式ラベルライターの技術を開発したブラザー工業の社員と元社員の2人が、発明対価として同社に計4億円の支払いを求めた訴訟の判決が東京地裁であった。裁判長は「発明者の貢献度は5―7%」として、同社に計約3700万円を支払うよう命じた。
判決によると、ラベルライターの原型となる「転写用簡易レタリングテープ作製器」などを発明。社内で表彰を受けて一定額の報奨を得たが、同裁判長は「発明による好待遇を十分に受けたとは認められない」と指摘した。』

争点云々は別にして、皆さんの会社で同様のことが起きたら、どう対応すれば良いのでしょうか。

先ず、賃金から考えてみましょう。


興味があれば続きはこちらへ⇒⇒
posted by カエル at 12:05| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道から考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

60歳以上の活用拡大 定年65歳

『大手企業の間で60歳以上の人材を働き手として生かすための取り組みが広がってきた。ファナックなどは国内製造業でいち早く65歳までの定年延長を決定。トヨタ自動車や東京電力は定年後の再雇用で、週数日の勤務を選択できる仕組みを新たに導入した。

大多数の企業は再雇用制度を活用して段階的に継続年齢を引き上げており、ファナックなどのように定年延長で対応する動きは珍しい。』



興味があれば続きはこちらへ
posted by カエル at 11:46| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道から考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

国立大交付金に成果主義

『財務省は国立大学向けの補助金の一つである運営費交付金について、配分方法を見直す方向で検討に入った。学生の定員や教員数などに応じて割り振る仕組みを改め、事実上の成果主義を導入。「研究」や「教育」で成果の報告を求め、実績を上げた大学には交付金を多めに配る。大学間の競争を通じて知力の向上を促し、日本の成長力を高める狙い。 』

国立大学にも“成果”を求める気運になってきました。
確かに、交付金を学生の定員や教員数に応じて割り振る仕組みでは納得性は得られにくいでしょうが、果たして運用できるのでしょうか。


続きを読む
posted by カエル at 11:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道から考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

全日空系4労組がスト突入

久しぶりと言っては不謹慎ですが、全日空系の労組がストライキに入りました。

なになに・・・組合の要求は、賃上げ・ボンバルディア(例の胴体着陸した機種)の整備体制強化・プロペラ機の資格しかない乗務員がジェット機の資格も取れるような制度の充実・・・。

活字だけではそれほどメチャクチャな要求とは思えませんが、ストに突入したということは、会社側がそれに応えきれるだけの材料を出さなかったということ。または、出せる状況ではなかったということでしょう。

続きを読む
posted by カエル at 09:28| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道から考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。