2006年06月28日

労働契約の期間 その2

私の『明日』は3日後?

前回のブログの最後に「続きは明日」と書いたのを思い出して、慌てました。すみません。言い訳がましいので、この辺で。

前回は結構なボリュームの条文でした。
この条文の見方は注意が必要です。どの条文? 見てない方は前回のブログをお読み下さい。

さてと、行きますよ。法律家らしからぬ説明をします。
続きを読む
posted by カエル at 23:13| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働契約法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

労働契約の期間

いよいよ第2章第2節に入ります。
ちなみに第2章は『労働契約の締結』、そして第1節は『労働契約の成立』でした。

第2節は『労働契約の期間』です。これも労働基準法が大きく絡むことになります。
報道もなされていましたが、労働契約の期間(特に有期労働契約期間)について制限が加わることになりそうです。

どんな制限かというと、『有期労働契約の締結ならば理由を述べよ』というもの。
今までのように、「あなたはパートだからね」と呑気に契約することがリスクになるかもしれません。続きを読む
posted by カエル at 21:17| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働契約法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

採用時の健康診断 その2

福岡もようやく梅雨らしくなりました。
昨日からグズついていて、今日の昼過ぎから大雨です。

福岡は水不足&節水の町ですから、大雨は大いに結構。でも、私が外で活動していない時間帯に降って欲しいものです。

お陰でスーツがびしょ濡れです(涙)。

さて、今日は『採用時の健康診断』の2回目です。

2 使用者が前項の規程により健康診断を行う場合において、労働者が使用者の指定した医師が行う健康診断を受けることを希望しないときは、労働者は他の医師の行う前項の健康診断に相当する健康診断を受け、その結果を証明する書面を使用者に提出することをもって、それに代えることが出来る。
続きを読む
posted by カエル at 21:37| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 労働契約法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

採用時の健康診断 その1

いやいや暑くなって参りました。

チャリも乗っている時はそれなりに快適ですが、止まるとドドッと汗が。
私は汗水たらして働いています。家でも汗をかいています。ラーメン食べても汗をかきます。単に汗かきなだけです、すみません。

さて、今日は『採用時の健康診断』に行ってみましょう。

(採用時の健康診断)
第8条 使用者が募集に際し、労働者に健康診断書の提出を求め、または健康診断を実施することは、そのことが採用後の就労が予定された業務と合理的な関連性を有し、応募者の当該業務への適正を判断するために必要な事項についてのみ行うことが出来る。
2 使用者が前項の規程により健康診断を行う場合において、労働者が使用者の指定した医師が行う健康診断を受けることを希望しないときは、労働者は他の医師の行う前項の健康診断に相当する健康診断を受け、その結果を証明する書面を使用者に提出することをもって、それに代えることが出来る。
続きを読む
posted by カエル at 23:27| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | 労働契約法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ちょっとご意見を

日銀の福井総裁が叩かれています。

皆さんご存知の『村上ファンドに1000万を預けた』ということで。

私はFPでもありませんし、経済・政治学者でもありません。一介の町医者ならぬ町社労士です。

でも、色々な報道や資料から「この人は大した人バイ」と思っていました。でも叩かれています。

金融の世界は詳しくは知りませんが、福井氏はアメリカのグリーンスパン氏と並んでG8の中核中の中核。タッグを組んでたと言っても過言じゃない。

そのグリーンスパン氏がFRB議長を退任してからは、「世界を救えるのは福井氏の手の中にある」とまで言われたほど。

そういうことをちょっとは知っていたので、「そんなに叩くなよ・・」というのが私の気持ちです。

国会に呼び出して、どれだけ儲けたのか資料を出せだの(今すぐ分からんって)、罪の意識はないのかだの(当時の村上さんは言ってるあなたも知らないでしょ)、聞いてどうなる? という類のものばかり。

確かに、日銀総裁に対する規制の甘さも(資産の情報開示や株式保有の規制など)あったとは思います。

でも、福井氏を辞任に追い込んだら、日本どころか世界の未来が危うい。
それを分かっての質問なんでしょうか。

ヘラヘラと左団扇で過ごしている人は、好きになれない気持ちは分かりますが、かといって「汗水流さずに儲かった奴はとにかく気に入らない」という風潮に疑問です。
posted by カエル at 21:06| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。