2005年11月27日

おNEWのPC

パソコンを新調しました。

Dellのノートパソコンです。今まで使っていたパソコンは、ほとんどタダでもらったようなもので、OSは古いしすぐにフリーズするしで、非常に使い勝手が悪かった。メモリーもショボかったので遅いのなんの。

でも今度はちょいと違う。違うと言うのは速さだけですけどね。フリーズしないし立ち上がりも早いので満足です。ついでにプリンターも買ってしまいました。スキャナーもついてるので、現時点では非常に満足です。

でも、Dellにやられました。
続きを読む
posted by カエル at 21:53| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

目標管理C

「更新しなきゃ」と思いつつ、ついに週末。
怠けてるつもりはないのですが、このところ後回しになってしまっています。
お読みいただいている皆様、宜しくお付き合いください。

21日の【自分の目標が自分の目標でなくなるわけです。】の続きです。

ここで登場するのが、Aの方法(積み上げ方式[個人目標 ⇒ 部署目標 ⇒ トップ精査(経営目標) ⇒ 部署目標 ⇒ 個人目標])です。

会社側もグッとこらえて、先ずは自ら目標を立ててもらいます。

「とにかく君の来期の数字を書いてみろ」で構わないでしょう。そこには、評価も何もないことを付け加えて下さい。

続きを読む
posted by カエル at 06:34| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事・賃金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

目標管理B

今日は“目標管理制度”のお話をします。Aの続きですね。

会社側にとってお手軽な方法は@(トップダウン方式[経営目標 ⇒ 部署目標 ⇒ 個人目標])です。
Aの方法(積み上げ方式[個人目標 ⇒ 部署目標 ⇒ トップ精査(経営目標) ⇒ 部署目標 ⇒ 個人目標])も捨てきれませんが、これは後日。

重要なのは“経営目標がまずありき”なのですが、その経営目標の根拠がどこにあるのか。
机上の世界の話なのか、現場だけの話なのか、またはその両方か。
そして、来期の予想経費と獲得したい経常利益から逆算して売上高の目標を立て、それを各部署に振り分ける。

多くの場合は後者でしょう。この方法が一番理にかなっているのですが、末端の社員にとっては、一番きつい方法です。自分の許容範囲を超えるケースが多いからです。

「俺のテリトリーじゃ無理だよ」

こういう状況で「さぁ目標を立てろ!」と言われても、苦虫を潰した思いで立てるのが関の山。
会社から無理に押し付けられた数字を根拠に、自分の目標を立てなければなりませんからね。

こうなると、自分の目標が自分の目標でなくなるわけです。

ではどうすれば良いのか。また今度にしましょう。
posted by カエル at 07:01| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事・賃金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

今日は家族サービス

行ってきました、『アイランド花どんたく』。

今日が最終日。前売券をもらっていたこともあって、いつかは行こうと思っていたのですが。のびのびになって、結局今日になってしまいました。

何があるわけでもなく、広々とした(ホントに広い)土地に花が点々とある。

目玉は『青いバラ』。14年の研究を費やした世界初の技術だそうで、見なきゃ来た意味がないと思っていたのですが、既に長蛇の列。いつぞやのポケモンどころじゃなかった。

ということで、早々と断念。
滑り台などのちょっとした遊具があるところで子供達を遊ばせました。

それから、アジアンフードなるところで、それぞれのお国のちょっとした食べ物が戴けるのですが、そこに“博多うどん”や“博多ラーメン”があったのには絶句した。
アジアなので、あっても別におかしくはないのだが・・・

家族サービスは、いつも疲れるだけのような気がします。
まぁそんなもんなんでしょうね。サービスといっても“与えるだけ”のものですから。

私の求めるサービスは、Give&Takeであり、Win−Winの関係でありたいのですが。

早いとこ大きくなってくれ子供達!
posted by カエル at 15:46| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

心理学セミナー

やっぱりというか、また1日空いてしまいました。
今日は、普通に日記です。昨日のことですが・・・

『心理学セミナー』へ行ってきました。

以前から友人より「行ってみたら?」と言われていたのですが、何だかんだと躊躇していました。

先ずは自分のスタンスをきちんとすること。これの不足部分を補うために行く。という気持ちが強かったのです。でも、行ってみて打ち砕かれたとまでは言いませんが、「もっと早く行っとけば良かった」と思いました。

レジュメなしで2時間半もしゃべる。これには驚きです。
下を向いて「え〜っと」と言いながら資料をめくるようなマネは一切なし(資料すらないのですから当たり前)。パワーポイントを使って、視覚に訴えることも一切なし。
常に前を向き(前後左右に移動しながら)、誰かと視線があったら暫くはそらさない。

訴えるというか、長短、強弱織り交ぜて語りかける。まるで自分だけに語りかけられているよう。
非常にインパクトのあるセミナーでした。
レジュメがあったら、これほどのインパクトはなかったように思います。

私も人前でしゃべることはあるのですが、「はたして自分には、あれほどインパクトのあるしゃべり方が出来ているのだろうか。相手に思いはきちんと伝わっているのだろうか。」メチャクチャ考えさせられました。

明るい心理学とは良く言ったものです。イメージが変わりました。
まだまだ修行が足りません。
posted by カエル at 22:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。